社会福祉言原論 設題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数169
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    福祉国家の思想と原理について述べよ
    (Aでした)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    福祉国家の思想と原理について述べよ
    1.福祉国家とはなにか
     社会福祉とは、社会的弱者救済の措置であり、本来、誰でも、いつでも、どこでも、必要であったら受けることができるものでなければならない。では、福祉国家とはどのようなものであろうか。
    福祉国家とは、政治的には民主主義、経済的には資本主義に立脚し、完全雇用と社会保障を2つの柱にした現代国家をいい、福祉国家を特徴づける機能として、以下の三つがあげられる。
    すなわち、①社会保障制度を通じて市民に一定の経済保障をするための、国家による強制的な介入、②金銭移転給付を通じての再配分、③公的サービスの市場より安い価格での提供である。
    つまり、強力な国家による経済介入と社会保障により、国民の生存権を保障する政策が執られる国家を福祉国家という。
    なお、福祉国家という用語は、ロンドンの大僧正が、その演説で「戦時国家」と対比させて「福祉国家」を示したのが最初といわれている。
    2.ベバリッジ報告の思想と原理
     福祉国家の原型は、第二次世界大戦中の1942年、イギリス政府に提出された「社会保険及び関連サービス」(ベバリッジ報告)であるといわれる。この報告は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。