商法(総論・総則)2010年第1課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数444
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    両者の状況等について
     この問題を解くにあたり、両者の状況等を整理することが必要であると考えるため、ここで整理することとする。
    A及びBはともに個人商店である。
    Aは、「風林商店」という商号で長年地元名産品の加工販売業を営んでいる。
    Bは、「風林商会」という商号で地元名産品の加工販売業をAの近所で営業を開始した。
    Aは、商号登記をしていない。
    Bは、商号登記をしている。
    AはBに対して商号の差し止めを請求出来るか又は、BはAに対して商号の差し止めを請求出来るか。
    これから、法令および判例を用いながら述べることとする。
    先ず、A、Bともに個人商店であるため商号については、『商人は、その氏、氏名その他の名称をもって商号とすることが出来る。』(商法11条1項)「商号自由の原則」が、適用される。
    次に、Aは、長年甲府市内で、「風林商店」という商号で地元名産品の加工販売業を営んでおり、知名度はあるものと推測される。
    A、Bともに地元名産品の加工販売業を近隣で営業している。
    Aは、商号の登記をしていない点であるが、『商人は、その商号の登記をすることができる。』(商法11条2項)の解釈によって登記は..

    コメント1件

    bogy 販売
    合格レポート
    2010/07/26 14:59 (6年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。