1テーマ設定の動機

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数179
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本アメリカ大学学校研究イギリス科学数学国際韓国

    代表キーワード

    国際

    資料紹介

    アメリカと日本の教育の比較 
    1テーマ設定の動機
     近年、日本ではアメリカの教育制度が脚光を浴びている。アメリカの教育制度は自主性を重んじるために自分自身で考える力を育てリーダーを排出するというのだ。反対に日本の教育制度は集団の和ばかりを気にして「出る杭は打つ」という精神で行っているために個人の優れた特徴が育たないという評価が一般的である。そのため、日本でも「ゆとりの教育」という概念が生まれ2002年からの教育制度は難しい内容を教えるのを控え、生徒と共に向き合う時間を増

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アメリカと日本の教育の比較 
    1テーマ設定の動機
     近年、日本ではアメリカの教育制度が脚光を浴びている。アメリカの教育制度は自主性を重んじるために自分自身で考える力を育てリーダーを排出するというのだ。反対に日本の教育制度は集団の和ばかりを気にして「出る杭は打つ」という精神で行っているために個人の優れた特徴が育たないという評価が一般的である。そのため、日本でも「ゆとりの教育」という概念が生まれ2002年からの教育制度は難しい内容を教えるのを控え、生徒と共に向き合う時間を増やすという方針に変えた。日本政府は量より質を取り、少ない情報を教えながら考えさせる制度のほうが好ましいと考えたからである。しかしながら一体この国の教育制度は日本で囁かれているような素晴らしいものであったのだろうか?その疑問を解くため、私は、アメリカと日本の教育の比較をすることにした。
    2,アメリカと日本の教育の相違点(先生、授業、教科、学習内容、学校の決まり等の学校教育)
    ・アメリカは1授業ずつ一人一人教室移動する。
    ・アメリカの学校は成績が全てパーセンテージで計算されている。テスト50 %、クイズ25 %、宿題10%、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。