2中国

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数186
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本中国学校英語小学校経済子ども企業教師大学

    代表キーワード

    英語

    資料紹介

    中国の教育の制度について   
     テーマ設定の動機
    現在中国は、GDPの伸び率からいっても日本を抜いて第2位になっている。人口、面積、資源、どれをとっても日本が隣の大国、中国にかなうことは出来ない。そして経済発展を果たし国際社会をリードしていくうえでのキーポイントとなる教育分野においても、すでに日本は中国に追い越されている。近年中国でも知識重視の詰め込み教育からゆとり教育へと見直す教育改革が進められているという話を

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中国の教育の制度について   
     テーマ設定の動機
    現在中国は、GDPの伸び率からいっても日本を抜いて第2位になっている。人口、面積、資源、どれをとっても日本が隣の大国、中国にかなうことは出来ない。そして経済発展を果たし国際社会をリードしていくうえでのキーポイントとなる教育分野においても、すでに日本は中国に追い越されている。近年中国でも知識重視の詰め込み教育からゆとり教育へと見直す教育改革が進められているという話を耳にした。日本では、ゆとり教育を導入したが、学力の低下を認めた政府により、見直しがされた。そこで、今現在中国でなされている教育を知り、日本の教育と比較することにより、これからの日本の在り方見直そうと考えた。
    中国の教育制度
    Ⅰ<教育制度の状況>
    中国の教育制度は初等教育、中等教育、高等教育に分けられている。
    都市部では小学校6年、中学校6年、大学4年の6・6・4制をとっているが、農村部では経費、設備、教員等の不足のため、小学校5年制のところが多い。
    中国の学校は日本とは異なり、9月から7月までが一年とされ、1995年より週休二日制が実施されている。
    就学前教育制度
    日本の幼..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。