S0613 社会科概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数430
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本テキストで述べる社会科授業の基本構造について説明し、平成20年版学習指導要領における社会科の教科目標との関連を考察しなさい。また基本構造に基づく社会科授業のあり方について、幾つかの理論に触れつつ具体的な授業事例を挙げて説明しなさい。
     ⇒社会科の授業の基本構造は、社会科固有の授業理論を念頭に置いて授業設計をすることである。社会科固有の授業理論を抽出する方法は、「社会認識を通して市民的資質を形成する」という社会科教育の本質的目標につないでいくことである。
     指導要領の理論1では、「社会認識内容を豊かに育成し、それを判断材料として価値判断をさせれば、市民的資質が育つ」と示されている。総合的な学習が制定され、子どもの方法能力を育成することが重要視されている。総合的学習と社会科の合科の授業の例が挙げられているが、社会科は内容教科であり、方法能力を育成しようとする総合的学習との合科の場合、社会科の内容が保証されなければならない。社会を理解するためには、生産、流通、消費、といった社会構造の基本や、政治の仕組みを知ることが必要である。社会科は、認識内容を保証することを中核に置いており、「社会科は内..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。