英米文学概論 科目最終試験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数499
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    分かりやすくまとめました

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <学校教育課程論 科目最終試験 6投題セット>
    エスマンの文学論について述べなさい。
    ~エスマン~
    エスマンは一般に国民の教師と呼ばれた。
    思想家・哲学者であり、随筆家・詩人でもあったエスマンは、19世紀のアメリカの超絶主義の中心人物であるだけでなく、アメリカのエスマン以前の思想と文学は全て彼の中に流れ込んだし、以後の思想と文学は、彼から出発する。
    1836年、エスマンは「自然論」と題する小冊子を発行した。これは超絶主義のバイブルと称せられたもので、自然と精神について論じたもので、また人は真理(又は神)をいかにして認識するかを論じたものである。「自然論」には、エスマンの思想の中の最も重要で理解の鍵となる神観・自然観・人間観と如何に真理(神)を知ることが出来るかという認識論について語られている。
    ~彼の文学論~
    「エッセイ・第一集」
    エッセイ・第一集に収録された「芸術」(“Art”)の中で、「芸術は模倣ではなく、創造である。風景画において画家は我々が知っている以上の被造物を提示するべきである」と述べて、ロマン派の芸術観を支持している。
    「エッセイ・第二集」
    エッセイ・第二集に収録された「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。