教育原論 科目最終試験

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,263
ダウンロード数68
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育原論 科目最終試験 6題セット 覚えやすいようにまとめました

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <教育原論1 科目最終試験 6投題セット>
    コメニウスの教授学や一斉教授について述べ、現在の学校教育における意義を考察せよ。
    ~教授学~
    コメニウスは全ての青少年の教育のために、全ての子どもが学校へ通うことの必要性を説いている。つまり貧富の別、男女の別、身分の別なく全ての子どもに学校教育が与えられねばならない。コメニウスは人間を万物の霊長として位置づけているので、万人に知識と道徳と敬虔を有するよう教育するよう求めている。
    特徴① 彼の教授学は教育の順序は、子どもが受容可能なように段階的に試されなければならないとし、そして一歩一歩段階的に教えるためには、統一的で体系的なカリキュラムが求められる。それにより、いったん学校へ送り出された子どもは、カリキュラムに従って知識・道徳・敬虔を修得するまで教育を継続させねばならない。
    特徴②全ての子どもが学習可能な「教材」が作成されなければならない。彼によると学校で使用される教材は計画的に組織されたものでならないとしている。その教材作成においては、容易な内容から初めて、次第に難しい内容へと進まねばならない。また決して急がずゆっくりと教えることも重要であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。