異文化理解  西欧 科目最終試験

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,864
ダウンロード数104
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    異文化理解 西欧 科目最終試験 6題セット 覚えやすいようにまとめました

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <異文化理解(西欧)  科目最終試験  6投題セット>
    西ヨーロッパの諸民族は何を求め、いかに戦ったのか?
    ~始まり~
    1960年代、70年代の西ヨーロッパの国家と民族の状況を見てみると、その対照のさまに驚かされる。イギリス、フランス、ベルギー、イタリア、スペインなどでマイノリティ民族地域の平等要求、権利要求、アイデンティティ表出が相次いで噴出をみたからである。まさに国民国家のたがを揺さぶり、少しでも自由な空間を押し広げようとする動きが、多発的に起こったのだ。
    ~運動の性格~
    1社会経済闘争型
    地域格差の存在や地域経済の危機によって触発された運動が、地域の連帯を広げる過程で民族的なアイデンティティに訴えることで、全体として民族的な色彩をおびるというタイプ。
    2自治要求型
    民族的アイデンティティに訴えながら、地域内の文化、教育、財政、地域開発などの自主権を要求するというタイプであり、運動としては政治的な性格を持つが、国家とは正面対決よりもむしろ交渉を重視する。
    3文化要求型
    文化的アイデンティティ重視型で、政治的には当該の国家の中に比較的統合されていて、言語や言語教育の権利などの文化的独..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。