テスト 教育社会学 科目最終試験

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数815
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育社会学1 科目最終試験
    日本型の学歴社会の特質についてまとめ、その問題点を整理せよ。
    学歴社会とは、当該社会の社会的・職業的地位を決める主たる基準のひとつが学歴であるような社会である。社会的地位とは職業的地位と重なる部分もあるが、もっと広い意味であり、具体的には文化的地位なども含む。日本においては明治維新の時代、維新政府が、各分野における優れた人材であり、その質的・量的に安定した供給を保障してくれる機構を必要とした。明治初期の「富国強兵」に代表される欧米へ追いつくことを意図した国家目標達成のためには、幅広い分野で相当数のリーダーが必要とされたのである。より効率的な人材養成、登用のシステムとして考えられたのが、学歴社会・主義であった。できるだけ広い階層の子どもを集め、そこで一定のルールに基づき子どもを競わせる。そして学校での成果に応じて社会的・職業的地位を割り振るというわけである。つまり、学歴社会は国民の知的・文化的基盤を整える役割を果たすと同時に、多方面にわたるリーダーを安定的に供給し、近代日本を支えてきたものともいえるメカニズムであるといえる。
    そもそも人間の実力・能力というもの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。