テスト 教育心理学 科目最終試験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数443
ダウンロード数8
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ①「発達とは何か説明し一般的な原理とされるものについてわかりやすく解説せよ」
    発達とは受胎に始まって年齢にともなう心身の変化である。生活体が量において増大し、構造において精密化し、機能において有能化するとき、これを発達という。つまり、量的に見れば、発達は量的増大であり、質的に見れば、構造化、再体制化の過程である。子どもが大人とは質的に異なった要求や興味を持つことが認識されている。そのことは、発達が構造の変化であることを意味している。発達は構造化された段階への耐えざる進展であるといえる。さらに個人は、環境の中で生存を続けるのであるから、発達は環境への適応の過程としてみることも出来る。発達は複雑多岐な過程であるが、そのなかにいくつかの原理がある。まず発達は個体と環境との相互作用のうちに進行する。胎内で形成された主種の原始反射などの遺伝による形成力だけでなく、母親の働きかけなどの環境とのかかわりを通して下界への適応を果たしながら進化していく。そして発達とは分化と統合の過程である。一個の受精卵が分裂を繰り返し多数の細胞となり独自の道を歩みだす過程を分化という。そして統合とはその分化した細胞が合..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。