458児童心理学1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数488
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    458 児童心理学 1単位目

    1.横断的方法・縦断的方法、発達研究法としての事例研究法について説明しなさい。
    2.愛着(アタッチメント)の形成とその発達的意義について述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    458 児童心理学 1単位目
    1.横断的方法・縦断的方法、発達研究法としての事例研究法について説明しなさい。
    2.愛着(アタッチメント)の形成とその発達的意義について述べなさい。
    1.子供の発達的変化とそれに関わる変数、及びその因果関係を明らかにするために次のような方法が挙げられる。
     まず、異なる年齢層の子供たちのグループに、ほぼ同時期に同じ規定や検査等を行い、各年齢群の代表値を算出して一般的な発達過程を明らかにする横断的方法がある。この方法は、サンプリングが比較的容易で、短期間という利点があるが、そこから得られる結果はあくまで一般的傾向であり、発達的変化に関わる変数まで明らかにできない。それを可能にする方法として、同一群の対象から長期的に同じ側面の資料を得ていく縦断的方法がある。この方法は、個人の多様な資料を逐年的に収集しておくことによって、発達的変化にどの様な変数が関与しているかを分析することが出来たり、種々の行動発達の相互的関連、行動特性の変動性なども明らかにできる。しかし、この方法は、発達的資料を得るまで長期間かかり、被験者を偏りなくサンプリングすることも難しく、資料のロスや..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。