631 体育科教育Ⅰ 二単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数301
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    小学校体育科の学力および、評価について考察せよ。また、「指導と評価の一体化」について考察せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     小学校体育の学力とは、体育の意味を知り、それを達成させることで心技体を充実させ、脳の働きを向上させることにつなげることでもある。健全な成長、集団行動やコミュニケーション能力の育成、文化や伝統を知り、健康への知識これらを学習させる事が体育教育の基本方針でもある。学習指導要領の改訂の背景には家庭や生活でこれらを学習する機会が減ってきていることもいえる。家族や隣人との時間の減少、自然での遊び、友人との時間、遊びの内容、遊具の変化これらにより生活の中で十分に学ぶことのできた、生活力の知識が得る事が出来ず、学校体育での教育として知る必要が出てしまった。その分、体育の重要度も増し、ただ技能の習得だけの教育ではないことを重要視しなくてはならない。人間力を高める教科として取り組む必要がある。
    運動の技能の評価はとても評価しやすいものである。なぜならば、出来れば合格。出来なければ不合格。基準の数値に到達すれば合格。到達しなければ不合格と、基準がわかりやすいものだからである。そのため、過去の評価、他の人間との比較ができ、さらには苦手分野、足りない部分を明確にしてくれる。しかし、明確な数字がでてしまうこと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。