教育実習研究(小)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数170
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    教育実習研究

    資料紹介

    A評価

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「教育実習のPDCAサイクルについて」自身の体験や期待をもとに具体的に述べなさい。
     1、PDCAサイクルとは
    Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(改善)の頭文字をとったものである。この4段階を順次行い一周したら、最後のActを次のPDCAサイクルにつなげ、螺旋的にサイクルを向上させ継続的な改善をしていくことができるというものである。
    2、教育実習におけるPDCAについて
    ①Plan(教育実習の計画)
     短い期間で行う教育実習において、事前の準備をしっかりとしておく事はとても重要である。指導教官、担当クラスの担任などから、学校の教育方針や学級目標などを聞き、それを踏まえて実習を行うことが大切である。
     事前にクラスの座席・名簿をもらい、必ず毎日クラス全員と話しをするようにし、毎日情報をまとめるようにし、一日も早く全員の名前を覚えるようにする。これは、教育実習で大きな鍵であると考える。
     また教科の指導については、綿密な指導案を立て、教材研究は徹底して行う。板書計画や教材作りも丁寧に行い、書き順や学年に準じた漢字なども再度確認し、教官にお願いして事前に模擬授業をし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。