【近代史】近代カリフォルニアにおける農業と出稼ぎ労働者の問題(3000字)

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数393
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1848年、カリフォルニア、ネバダなど西部の大部分はメキシコからアメリカへ割譲され、1853年にはカリフォルニアとアリゾナ南部の大部分がアメリカによって買収された。そこでは開拓初期から多くのスペイン人が入り、ロサンゼルスやサンフランシスコといった街を作った。今でも、カリフォルニアの町や村にはスペインの雰囲気を強く感じることができる。また、南部へ行くほどそれが感じられ、ロサンゼルスはメキシコシティーについでメキシコ人の多い町であるといわれている。
     メキシコ人の忍耐強い労働が、カリフォルニアの農業を今日の姿に発展させた一因であることは否定できない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【近代史】近代カリフォルニアにおける農業と出稼ぎ労働者の問題(3000字)
     1848年、カリフォルニア、ネバダなど西部の大部分はメキシコからアメリカへ割譲され、1853年にはカリフォルニアとアリゾナ南部の大部分がアメリカによって買収された。そこでは開拓初期から多くのスペイン人が入り、ロサンゼルスやサンフランシスコといった街を作った。今でも、カリフォルニアの町や村にはスペインの雰囲気を強く感じることができる。また、南部へ行くほどそれが感じられ、ロサンゼルスはメキシコシティーについでメキシコ人の多い町であるといわれている。
     メキシコ人の忍耐強い労働が、カリフォルニアの農業を今日の姿に発展させた一因であることは否定できない。
    カリフォルニアにおけるメキシコからの農業出稼ぎ労働者の問題に言及する前に、当時のカリフォルニアにおけるメキシカンの立場を明らかにする必要がある。
    征服戦争の直後の時期のカリフォルニア州におけるメキシカンとアングロとの関係は穏やかではなかった。この時期、カリフォルニアのスペイン語系住民の地位は急速に低下し、両エスニック社会間の関係は険悪なものになり、ゴールドラッシュ後..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。