【行政法】行政指導が違法となるケース、及び訴訟による救済の実現について(4200字)

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数389
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     【行政法】行政指導が違法となるケース、及び訴訟による救済の実現について(4200字)
    行政指導とは、特定の個人・法人・団体などに対して、指示・警告・注意・指導・勧告・要望・助言などの非権力的な手段によって、相手方の自発的な協力・同意を求めて、行政機関が意図する結果や改善を実現するために相手方を誘導する一連の事実作用を言う。行政主体が一定の行政目的を達成するため、相手方に一定の行為を期待して、それ自体法的な拘束力は持たないが、それをもって相手方に直接働きかける行為形式である。確かに、国家が行うあらゆる公権的行為は、それが相手方にとっての不利益処分になる場合は当然として、受益的処分でさえも、国民の権利義務に変動を及ぼすものであれば、すべて法律に基づいてなされなければならない。しかし、これに対して行政指導は、理論上は公権力の行使たる行政処分ではないため、行政指導には「法律による行政」の原理が全面的には適用されないことになる。
    現代においては、行政指導のような正式な行為形式以外の手段によって様々な事態に対応する必要があるため、このように行政指導が広く用いられている。行政指導は、非権力的な手段..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。