【政治学】日本における権力分立について(4000字)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数633
ダウンロード数10
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本に限らず、民主化の程度の高い国々においては、権力を持って統治にあたる側がその権力を恣意的に行使することを防止し、国民の権利と生活を守るために、様々な制度が採用されている。19世紀後半のイギリスの歴史家アクトン卿は、「権力は腐敗する。絶対的権力は絶対的に腐敗する」という有名な言葉を残している。たとえ、国民による選挙によって選ばれた民意を反映した民主主義国家の指導者であったとしても、彼らの有する権力を制限する他の何らかの制度が存在しなければ、この「権力は腐敗する」という法則から逃れることはできない。
     では、これらの近代国家の政治制度において、権力の腐敗や濫用を防止するためにいかなる制度・方法が採用されているのであろうか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     【政治学】日本における権力分立について(4000字)
     日本に限らず、民主化の程度の高い国々においては、権力を持って統治にあたる側がその権力を恣意的に行使することを防止し、国民の権利と生活を守るために、様々な制度が採用されている。19世紀後半のイギリスの歴史家アクトン卿は、「権力は腐敗する。絶対的権力は絶対的に腐敗する」という有名な言葉を残している。たとえ、国民による選挙によって選ばれた民意を反映した民主主義国家の指導者であったとしても、彼らの有する権力を制限する他の何らかの制度が存在しなければ、この「権力は腐敗する」という法則から逃れることはできない。
     では、これらの近代国家の政治制度において、権力の腐敗や濫用を防止するためにいかなる制度・方法が採用されているのであろうか。
     多くの国家では、権力の腐敗を防止するために主に2つの方法を採用している。1つは、立憲主義である。立憲主義とは、国家権力を法的に制限して、憲法に基づく政治を行うこと、すなわち、統治者による恣意的な権力行使を防止し、個人の権利や自由を擁護しようというものである。さらに、現代の民主主義国家は立憲主義を前提としてい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。