【S0105 教育心理学 第一 B判定】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数129
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    象徴機能の発生について説明せよ(説明には子どもの行動についての具体的研究例も提示する)。また、教育との関連で大切な点を説明しなさい。
     象徴機能とは、知覚経験をもとに自分なりに得たものごとや出来事を何らかの記号に置き換えてそれが目の前に存在しないときにも記号によって認識する事をいう。つまり、そこにないものを、近くのものを利用し、手がかりとしてそこにないものをイメージし、それに反応することをいう。以下、子どもの発達段階のなかでの象徴機能の発生について論ずる。
     赤ん坊は周囲の刺激を選択的にキャッチし、総合する知覚能力を利用し、感覚運動活動を通して認識を深めてゆく。認知能力の発達は、特定の人との愛着関係がしっかりと形成されてこそスムーズに展開する。
     新生児には、外からの刺激に対して一定の反応を示す原始反射がみられる。たとえば、口元を軽くつつくと触った方向に顔を向けようとしたり、掌にものが触れると強く握ろうとする。そこには、生命の維持や危険からの防御にかかわる行動の原型がみられる。これらの原始反応は生後2~6か月のうちに消失する。そして、しばらくの期間をおいて自らの意志で一定の目的にそった..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。