【S0106 教育社会学 設題2 A判定】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数137
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学力低下とは何かを明らかにし、社会回階層のような社会的不平等と学力がどのような関わりをもつかについて述べてください。    
     第一章 学力低下とは
     今日、学力低下が非常にセンセーショナルに論じられ
    ている。大学生に限ってみれば、学力が低下していると
    いう論議は古いものではなく、大学レジャーランド論、
    青年総休暇村論、高等保育園論などは、学力低下と絡め
    て論じられてきたし、「新制大学・駅弁大学の卒業生は
    ・・・」、「全共闘世代は・・・」、「全共通一次世代は・・・」と世代論と絡める形で、新しい世代は「こんなこともできない、あんなこともできない」と論じられつ
    づけてきた。
     しかし、今日展開されている論議は、明らかにそれら
    とは異なる。小堀圭一郎は、新しい世代の学力が前の世
    代の学力に及ばず、縮小再生産の過程が始まったのでは
    ないかという疑念があるところに、根本的かつ深刻な問
    題があると指摘した。そして、この問題の根本にあるの
    は、「学ぶ」「勉強する」ということに対する価値付け
    の低下である。この学ぶことへの価値付けの低下が、学
    力低下という現象となってあらわれているのである。苅
    谷剛彦..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。