S0106 教育社会学 設題1 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数137
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて
    学力の視点から述べよ。
     学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉である。学歴は、配分の基準として考えられるのである。つまり、どのような学歴を所有しているかによって、就職先や出世、賃金、世間の見る目などに格差が生じる社会と言える。 学歴社会と高学歴社会があるが、その意味するところは異なる。現在、先進国、発展途上国を問わず、教育の充実は各国家、社会の重要課題である。教育を重視する社会を「学歴社会」とすると「学歴社会」でない社会などは存在しないことになってしまう。ただ、教育を重視するという意味以上のものが学歴社会のなかの教育にはあるのである。
     日本において学歴社会はあまり良いイメージはもたれていない。その人間が内面に持つ「本来の資質」を考慮せずに、うわべの「勉強が出来るかどうか」だけ でその人間を評価する理不尽かつ非人間的な社会として認識されている
    からである。
     第一章 学歴社会の成立過程
     学歴社会成立の第一歩は明治時代である。そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。