S0101 教育原論 第1設 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数91
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)
    について考察せよ。
     ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチーは、1746年
    スイスのチューリッヒで生まれた。牧師になり救済事業
    にあたることを夢みていたが、大学時に、貧困救済のた
    めには宗教ではなく法学を学ぶことが重要だと悟り、政
    治学、歴史学に力をそそいだ。そして、祖国への愛国心
    と政治改革に目覚め、「愛国者団」という政治結社を作
    り、政治活動を行なった。その結果1767年に政治事
    件にかかわり投獄され、出世の道を絶たれた。農業改革
    による人々の救済を目指し農民となったが、これもまた
    成功しなかった。
     1774年、ペスタロッチーは貧民学校を設立し、教
    育活動を開始した。友人の勧めにより教育実践を新聞紙
    上で紹介、「隠者の夕暮れ」、「リーンハルトとゲルト
    ルート」の二作品が世間で好評を得る。1797年に出
    版された「人間の発達における自然の歩みについての私
    の探求」はペスタロッチーの思想が初めて体系的に述べ
    られた書となった。
    【1】 教育観
    ①「有機的・発生的」
     ペスタロッチーは、子どもには将来発展する素質が備
    わっており、この素質が子ど..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。