科学実験レポートの書き方1ー1001AZ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,966
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    科学実験のレポートの書き方1を評価者の立場から、レポートしました。これを参考に学生のみなさんにより良いレポートを書いてほしいと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科学実験レポートの書き方(評価者より)  その1
    はじめに
     
    科学実験レポートは、形式的には決まった書き方がありながら、報告者(考察者)によって大きな評価の違いがでるものといえます。私が学生実験のレポートを読み、採点した経験から多くのレポートに共通する問題点や、こうしたら良くなるのに、といったポイントをこのレポートでごく簡単に書き示したいと思います。自分のレポートが、どのように読まれて評価されているのかを少し学んでいただき、みなさんによりよいレポートを書いていただきたいと思いました。
    評価以前とされるレポートとは
     読む以前の問題を抱えたレポートが、残念ながらどうしても存在します。
    *1 他人のレポートのコピー(コピーとは引用のみで構成された場合をいう)
    *2 先輩のレポートのコピー
    *3 教科書、実験テキストのコピー
    *4 他人の論文の引用だけのレポート
    *5 インターネット上の情報の受け売り
    *6 教授、助手などの先生方を批判、中傷するもの
    *7 教授、助手などの先生方をただ褒め持ち上げるもの
    *8 全く関係ないことの羅列
    *9 単位をください、という言葉のあるもの
    *10 表紙..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。