機密保持文例A1

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数293
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    甲と乙の間で機密保持契約を結ぶ。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    機密保持契約書
    xxx株式会社(以下、「甲」という。)と○○(以下、「乙」という。)とは、甲乙間の○○の取引(以下「本取引」という)において、甲乙間で相互に開示、提供される第1条に定める機密情報及び個人情報(以下、「機密情報等」という。)の取扱いに関し、次の通り「機密保持契約」(以下、「本契約」という。)を締結するものとする。
    第1条(定義)
    1.本契約において機密情報とは、口頭、文書、フロッピーディスク等の磁気媒体その他の手段の如何を問わず甲、乙が情報交換を実施するに際し、相手方より開示、提供された、技術上、営業上及び経営上の資料及び情報を意味する。但し、次に掲げるものについては機密情報から除外する。なお、以下では、情報を開示した者を「開示者」、情報を受領した者を「受領者」という。
    開示者から開示、提供される以前に公知であったもの。
    開示者から開示、提供される以前に保有していたもの。
    開示者から、開示、提供された後自己の責任によらず公知になったもの。
    正当な権利を有する第三者から合法的に入手したもの。
    開示者からの開示、提供によることなく、みずから独自に開発したもの。
    2.書面もしく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。