教育原論 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数61
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「 ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について述べよ。」
    直観教授の考え方
    直観の原理
     ペスタロッチーは、「直観の原理」を教育方法の重要な柱と考えている。「直観と感情とは、子どもの内的な能力の所産としてすでに本源的に人間的で、精神的かつ道徳的である。人間は直観と感情をまず最初に知覚し、まさにこのことによって直観と感情それ自体と人間の内的なるものとを知覚する外界の対象から分けて、純粋に自由に直観され、感ずるのである。直観と感情は、児童と人類の純粋に人間的な、純粋に精神的な、また純粋に道徳的な文化のすべての単純な、不変の要素となり、また要素である。」と説いている。すなわち、直観は全ての認識の基礎であるので、教育方法はまず直観的でなくてはならないとされるのである。しかし、直観において受け取ったものはまだ曖昧で混乱しているので、明瞭な概念にすることが大切である。
     「この直観の内にある混乱を止揚し、諸々の対象を相互に分け、相似たもの、互いに関係したものを、その表裏に於いて再び結合し、そうしてそれらのものを我々に明らかにし、それらのものを完全な明白さにかたどって、我々の中で明晰なる概念に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。