国語科教育法 第一説題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数148
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「新たな時代を拓く国語科教育を具体化するための方法」を複数あげ、それぞれを展開するにあたって留意しなければならないことがらについて考察を図りなさい。その際、国語教育の意義、国語科教育の構造及び、今日的課題をふまえるとともに、三領域一事項すべてにふれること。」
    国語教育の意義
     国語教育とは、広く家庭や社会、学校において行われる母国語としての日本語の教育のことである。1972年の国語審議会が行った答申には、「基本的事項」の3箇条があり、基本的理念が示されている。具体的に、国語が「人間の中枢をなす」ものであり、「人間の自己形成」や「社旗の成立と向上」「文化の創造と進展」にとって欠くことのできないものであり、「教育の全体を貫く基本」であると示されている。
    これらの基本理念は学校教育の場のみならず、家庭生活や社会生活のあらゆる場に共通するものである。よって、各児童の発達段階を考慮して、児童の言語活動を充実するとともに、家庭との連携を図りながら児童の学習習慣が確立するように配慮する必要がある。
     要するに、国語教育とは、学校教育の中の国語科という時間だけにとらわれずに広く家庭や社会の中で行われる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。