教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数97
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。」
    カウンセリングの種類
    治療的カウンセリング
     このカウンセリングは、言い換えると専門的カウンセリングということができ、専門的知識と技術を用いて、症状や病気を治療すること。
    発達援助的カウンセリング(開発的カウンセリング)
     このカウンセリングは、治療すなわち症状や病気を治すことが目的ではなく、子どもの人格〔心的構造〕がバランスよく発達を遂げるよう援助することが目標である。それゆえ学校カウンセリングといえば、多くの場合、この発達援助的カウンセリングをさすことが多い。
    学校カウンセリング
       学校カウンセリングという新しい世界を切り開き、発展させるきっかけになったのは、1995〔平成七〕年度からスタートした文部省のスクールカウンセラー事業である。そこで、誰が行うかという視点から、教師が行う、いわゆる教師カウンセラーのカウンセリングを教師カウンセラーとし、スクールカウンセラーの行うカウンセリングをスクールカウンセリングとして考えていく。
    教師カウンセリングとスクールカウンセリング
    A.教師カウンセリング
     教師カウンセ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。