刑法 強盗罪と恐喝罪の差異について

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数779
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    刑法 強盗罪と恐喝罪の差異について
    1 強盗罪
      暴行・脅迫をもって、人の財物を強取する、あるいは、財産上の利益を移転させる
     罪をいう。
    2 恐喝罪
      人を恐喝して、財物を交付、あるいは、財産上の利益を移転させる罪をいう。
      恐喝とは、畏怖させる行為を意味する。暴行によってもなし得る。
    3 両罪の差異
    共通点
    客体と手段の点で共通する。
    相違点
    手段の程度の点で相違がある。すなわち、相手方の犯行を抑圧するに足りる
       程度の物であれば、強盗罪の手段となり、その程度に至らないものであれば、
       恐喝罪の手段となる。
    4 判断基準
      相手方の反抗を抑圧するに足りる程度の物であったか否..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。