刑法 延焼罪について

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数217
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    刑法 延焼罪について
    1 意義
      刑法109条2項又は刑法110条の2項の罪を犯し、よって刑法108条の罪の客体
     (現住建造物等)又は刑法109条1項の罪の客体(他人所有の非現住建造物)に延焼
     させる罪、及び刑法110条2項の罪を犯し、よって刑法110条1項の罪の客体(他人
     所有の建造物以外のもの)に延焼させる罪をいう。
    2 法的性格
      自己所有物件に対する放火罪の結果的加重犯である。
    3 「延焼」の意義
      犯人が目的とした物件から予期しなかった物件に燃え移り、これを焼損させる結果を
     発生させることを意味する。
      逆にいえば、延焼の結果を未必的にせよ認識していたならば本罪は成立..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。