憲法問題・答案 共犯者の自白

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数475
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    憲法問題・答案 共犯者の自白
    問 共犯事件における共犯者の自白は、被告人本人との関係において補強証拠を必要とするのか、自白の証拠能力及び証明力に関する憲法上の論点を挙げて述べなさい。
    1 自白の意義
      自白とは、自己の犯罪事実の全部又はその重要部分を認める供述をいう。憲法は、
     何人も自己に不利益な供述を強要されないという供述拒否権を保障しており、よって
     当然、自白を強要することは禁止される。
    2 自白の証拠能力の制限
      憲法は、強制や拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く拘束された後の自白等
     任意性に疑いのある自白の証拠能力を否定する。このことは、自白の強要禁止を担保
     するととも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。