憲法 衆議院の解散について

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数329
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    憲法 衆議院の解散について
    1 意義
      4年の任期前に、衆議院議員全員の地位を喪失させることをいう。
    憲法45条は「衆議院議員の任期は、4年とする。但し、衆議院解散の場合には
     その期間満了前に終了する」と規定する。
    2 制度趣旨
      国政の運営は、主権者たる国民の信任によって行われなければならないものである。
     そこで、国民による信を問う方法として、衆議院の解散が位置づけられている。つまり、
     解散後の総選挙によって国民の審判を仰ごうとするものである。
    3 限界
      内閣の信任案の否決あるいは、内閣の不信任案の可決があった場合に、内閣は衆議院の解散をなしうる。
      このほか、内閣の重要案件..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。