刑法問題・答案 逮捕・監禁罪

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数418
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    刑法問題・答案 逮捕・監禁罪
    問 逮捕・監禁罪にいうところの逮捕・監禁行為について述べなさい
    答案
    1 逮捕・監禁罪の保護法益
      逮捕・監禁罪は、人の身体活動の自由を保護法益としている。人の身体活動の
     自由が侵害されたといえる程度に、ある程度の継続的な拘束が無ければ、成立しない。
      瞬間的な拘束は、暴行罪を構成するにとどまる。
    2 逮捕行為について
    意義
    人の身体を直接的に拘束して、人の身体活動の自由を侵害する者である。
    拘束の手段・方法を問わない。
    具体例
    緊縛を行う
    ピストル等を突きつけて自由を拘束する
    警察官と詐称して連行する
    警察官を欺き無実の者を連行させる
    3 監禁行為について..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。