刑法問題・器物損壊罪

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数584
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    刑法問題・器物損壊罪
    問題 刑法261条(器物損壊罪)と軽犯罪法1条33号(工作物等汚損の罪)との
      関係について述べなさい。
    答案
    1 器物損壊罪
    意義
    公・私用文書、公・私用電磁的記録、建造物、艦船以外のものを損壊する
      犯罪をいう。
    損壊
    物の本来の効用を減失。減少させる一切の行為をいう。
    2 軽犯罪法1条33号違反
      みだりに他人の家屋その他工作物に貼り札をしたり、汚損する罪をいう。
      軽犯罪法違反は、拘留または科料に処される。
    3 両罪の関係
      器物損壊罪の補充規定に当たるのが、軽犯罪法1条33号違反の罪である。従って、
     器物損壊罪が成立する場合であれば、軽犯罪法の罪は成..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。