刑訴法問題・答案 被疑者の勾留doc

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数103
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    刑訴法問題・答案 被疑者の勾留
    問 被疑者の勾留の意義と要件について述べよ。
    答案
    1 被疑者勾留
      刑事手続上の目的を確保するため、被疑者の身柄を拘禁する裁判及びその執行をいう。
      拘留には、起訴前の拘留(被疑者拘留)と起訴後拘留(被告人拘留)がある。本問は被疑者拘留についての問題である。被疑者拘留については、刑訴法207条1項によって、
     刑訴法60条以下の被告人拘留に関する規定が、保釈に関する規定を除き、準用される。
      刑訴法207条1項は、「前3条の規定による勾留の請求をうけた裁判官は、その処分に
     かんし裁判所又は裁判長と同一の権利を有する。但し、保釈に関しては、この限りではな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。