刑訴法問題・答案 同一被疑事実による再逮捕

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数462
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    刑訴法問題・答案 同一被疑事実による再逮捕
    問 同一被疑事実による再逮捕について述べよ。
    答案
    1 原則
      逮捕による身柄拘束機関が厳格に規定されていることから、再逮捕は原則として
     許されない。
      刑訴法は、逮捕に伴う身柄拘束について、厳しい時間制限を設けている
    (刑訴法203条ないし206条、211条、216条)。にもかかわらず、同一事実による
     再逮捕が自由に許されるとなれば、時間制限が事実上、無意味となってしまう。
     そこで、同一の被疑事実による同一の被疑者逮捕は、一回しか許されないとする
     原則が導かれることになる(一罪一逮捕の原則・逮捕一回の原則)。
    2 例外
      いかなる場合..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。