刑法問題・答案 身分犯 非公務員が収賄罪に加功した場合について

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数553
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    刑法問題・答案 身分犯 非公務員が収賄罪に加功した場合について
    答案
    1 結論
      非公務員が収賄罪に加功した場合、身分はないが、収賄罪の共犯となる。
    2 身分犯とは
    意義
    構成要件上、行為者に一定のある身分のあることが必要とされる犯罪を
       いう。
    種類
      ア 真性身分犯
        行為者が一定の身分を有することにより、犯罪が構成されるものをいう。
      イ 不真性身分犯
        行為者が一定の身分を有することにより、法定刑が加重または減刑される
       ものをいう。
    3 共犯と身分について
    真性身分犯に非身分者が加功した場合
    刑法65条1項は、「犯人の身分によって構成すべき犯罪行為に加功した..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。