防犯カメラの映像の捜査への活用と肖像権との関係について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数607
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    防犯カメラの映像の犯罪捜査への活用と肖像権との関係について
    1 肖像権とは
    意義
    肖像権とは、本人の承諾なしに、みだりにその容ぼう・姿態を
       撮影されない自由を言う。
    憲法上の保障
    肖像権は、憲法13条の幸福追求権の一内容として、保障される。
       なぜなら、幸福追求権は個人の人格的生存に不可欠な利益を包括する権利
       だからである。また、肖像権は情報化社会にあって個人の人格的生存に
       不可欠な利益といえるからである。
        憲法13条は「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由および
       幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法
       その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする」と規定し、幸福追求権を
       保障する。この幸福追求権は、人格的生存に必要不可欠な利益を包括する権利であり、個別の人権規定とはいわば一般法と特別法の関係にあり、個別の人権規定による保障が及ばない範囲をカバーする意味を持つものである。
        そして、肖像権は現代の情報化社会にあって個人の人格的生存に不可欠な利益で
       あると認められるし、憲法13条により保障さ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。