認知言語学の観点からみた虹の色

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,321
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    はじめに

    色は一体どこから生まれてきたのでしょうか?自分が思っている色と他の人が思っている色は全く同じ色なのでしょうか。色について、各国、地域、民族の虹の色を検討し、なぜ、虹の色の範囲が各国、地域、民族によって違うのかということを、虹の色の歴史や色の歴史を通して、述べたいと思う。
    虹の色

    日本では一般的に虹の色は、7色であるとされています。日本語の中では、虹の色は、7つに区分されているからです。
    しかし、他の国や、民族の虹の色を調べてみると、虹は全てが7色ではありません。
    なんと虹の色が2色である民族も存在します。
    これは実際に見えている虹の色が少ないのではありません。色が見えていないというわけではないのです。
    このことは、虹を言語によって何色に区分しているのかという問題なのです・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    뭢뙻뚭둾궻듡궔귞귒궫걑륡걒궼궣귕궸륡궼덇뫬궵궞궔귞맯귏귢궲궖궫궻궳궢귛궎궔갎렔빁궕럙궯궲궋귡륡궴뫜궻릐궕럙궯궲궋귡륡궼멣궘벏궣륡궶궻궳궢귛궎궔갎륡궸궰궋궲갂둫뜎갂뭤덃갂뼬뫎궻볲궻륡귩뙚뱼궢갂궶궨갂볲궻륡궻붝댪궕둫뜎갂뭤덃갂뼬뫎궸귝궯궲댾궎궻궔궴궋궎궞궴귩갂볲궻륡궻쀰럍귘륡궻쀰럍귩믅궢궲갂뢲귊궫궋궴럙궎갃볲궻륡볷궳궼덇붗밒궸볲궻륡궼갂괯륡궳궇귡궴궠귢궲궋귏궥갃볷뚭궻뭷궳궼갂볲궻륡궼갂괯궰궸뗦빁궠귢궲궋귡궔귞궳궥갃궢궔궢갂뫜궻뜎귘갂뼬뫎궻볲궻륡귩뮧귊궲귒귡궴갂볲궼멣궲궕괯륡궳궼궇귟귏궧귪갃궶귪궴볲궻륡궕괧륡궳궇귡뼬뫎귖뫔띪궢귏궥갃궞귢궼렳띧궸뙥궑궲궋귡볲궻륡궕룺궶궋궻궳궼궇귟귏궧귪갃륡궕뙥궑궲궋궶궋궴궋궎귦궚궳궼궶궋궻궳궥갃궞궻궞궴궼갂볲귩뙻뚭궸귝궯궲돺륡궸뗦빁궢궲궋귡궻궔갃궴궋궎뽦묋궶궻궳궥갃럡궼갂럔떉궻렄궸갂볲귩뙥궲갂뱰궸볲궼괯륡궶궻궬귣궎궔갃궴궋궎뽦귩렃궯궫궞궴궕궇귟귏궥갃궩궢궲갂렳띧궸볲궻륡귩릶궑궲귒귡궴갂괯륡궳궼궶궘갂괫륡궙귞궋궳갂괯륡귝귟귖룺궶궔궯궫궞궴귩딯돬궢궲궋귏궥갃궞귢궼갂볲궻륡귩뗦빁궥귡궴궖궸갂뿑궼먃궯귎궋궔귞갂먃궳궇귡궴긇긡긕깏돸궢갂궠귞궸욖궼돥륡궯귎궋궔귞돥궳궇귡궴..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。