道徳教育の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数252
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ。』
    道徳教育はどのようなものか、また道徳教育の意義についてのべた上で、課題にそって述べていく。
    *道徳教育とは何か
    広辞苑で道徳という言葉を引いてみると「人のふみ行うべき道。ある社会で、その成員の社会に対する、あるいは成員相互間の行為の善悪を判断する基準として、一般に承認されている規範の総体。法律のような外面的強制力を伴うものでなく、個人の内面的な原理」と解説されている。この解説から、道徳とは変わらない普遍的な価値観ではなく、その時代の社会的背景によって常に変化するものだということがわかる。つまり道徳教育とは、その時代の社会の中で求められる価値観を、教育によって育むことを目的としたものである。逆にいえば、道徳教育によって国民を扱いやすいように教化し、国政のために利用することすら可能となるほど、道徳教育の持つ影響力とは大きなものである。
    *生きる力を育てるための道徳教育
    2002年4月に全面実施された新学習指導要領では、
    豊かな人間性や社会性、国際社会に生きる日本人としての自覚を育成すること。
    自ら学び、自ら考える力を育成すること。
    ゆとりの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。