国民党と共産党の内戦が始まったころの話から始まった

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数188
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    国民党と共産党

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    活きる
    物語は1945年前後の国民党と共産党の内戦が始まったころの話から始まった。中国の20世紀がよくわかる作品だった。
    1940年代、資産家の富貴は博打に明け暮れる毎日だった。博打をしていた場所は、茶館と呼ばれるところで、このころの中国にはたくさん建てられていたらしい。
    博打で土地や財産を失った富貴は、家族のために影絵をしながら旅に出たが、旅の途中でいきなり戦いが始まって驚いた。
    このように戦いがいきなり始まるのは、私たちにとってはありえないのだが、このころの中国では実際に起こっているし、たくさんの人々が巻き込まれ、命を落としている。戦争が終わるまで家族のもとに帰れない富貴らは絶対に「生きて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。