地球環境問題と政治経済

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数209
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    有名国立大生の学部レポート。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    3月末、アメリカからあるニュースが届いた。ブッシュ大統領が、アメリカを含む先進国の二酸化炭素などの排出削減量を定めた「京都議定書」の不支持を表明したというのである。この京都議定書は前任のクリントン時代に締結されたものだが、ブッシュ政権に移行しとたんに突然反故にされた。この京都決議は、長期にわたり各国が温暖化防止を目的に会合を重ねてきた結果産出された国際的ガイドラインとしての重要性を十分に持つのにも関わらず、である。
    ブッシュ大統領が京都議定書不支持の理由として掲げた点は3つあるという。第一は「途上国が削減義務を持たないことによる不平等性」、そして第二は「地球温暖化における科学知識の不完全さ」、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。