水災害と対策「多自然型川づくりについて」レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数127
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境日本経済社会自然戦後技術国会安全変化

    代表キーワード

    環境

    資料紹介

    有名国立大生の学部レポート。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【多自然型川づくりについて】
     日本の河川制度は、明治29年に旧河川法が制定されて以来、幾たびかの改定を経て現在に至っている。
    戦後焼け野原になった日本の各地で大洪水が次々と発生し、早急に水害に対し安全性を高める必要があった。また、国力の弱体化していた戦後の日本は、国土再建のために迅速かつ効率の良い工法で河川改修をする必要があったのである。昭和39年に制定された新河川法は、国の水系一環管理制度の導入など、治水、利水の体系的な制度として整備が図られ、今日の河川行政の規範としての役割を担ってきた。即ち、用地面積が少なく速やかに洪水を海へ導くために河川を直線化することや、強度の強いコンクリートを使用..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。