『Science and Technology in the Twentieth Century』要約

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数132
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    有名国立大生の学部レポート。
    World Conflict And the Computer Revolution
    Modern Medicine

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【Unit5】 Science and Technology in the Twentieth Century
    p.32 l.4 ~ p.33 l.18
    1905年にアルバート・アインシュタインは特殊相対性理論を発見した。また、マックスプランクはエネルギーが非連続的な量子として放出されることを証明した。この考え方によりアインシュタインは「光量子」の概念を提唱する事に成功した。また、アーネストは原子は原子核とそれを周回する電子からなることを発見し、後に工業や医学に応用させた。
    p.33 l.19 ~ p.34 l.11
    エンリコ・フェルミは中性子の衝撃による原子核反応の実験を行った。オットー・ハーンはフリッシュ・ストラーシュマンと共にウラニウムに中性子を照射すると原子核の分裂が起こることを発見した。中性子は連鎖反応をおこし、一瞬にして膨大な運動エネルギーを放出するのである。
    P34 l.13 ~ p.35 l.2
      そしてついにフェルミによって原子炉が作られ、それは第二次世界大戦の終わりに落とされた原爆の製造に使われた。戦後、原子炉は電気の供給の為に使用された。ソシテ将来社会における原..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。