多様な性を認める社会へ―同性愛

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数2,414
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    多様な性を認める社会へ―同性愛

    1. はじめに
     現代の社会では、カップルといえば男女の組み合わせであり、それに基づいて恋愛や結婚などの規範や制度がつくられている。しかし、この規範は、女性や同性愛者やその他のマイノリティにとって、抑圧的な面が多く、より多様な性を認めていける制度や規範が必要とされている。多様な性を認めていこうとするとき、「同性愛」はセクシュアリティにかかわる偏見の有無や、理解の成熟度をみるバロメーター「踏み絵」の役割を持っている。      同性愛者は生殖に結びつかない性=変態行為というイメージや、生理的嫌悪感から差別されている。その差別によって、同性愛者は心理的にも制度的にも困難な状態に置かれている。しかし一方で、同性愛は、制度として保障されず隠されているために、他の人間関係に煩わされることなく二人の純粋な関係を築けるという面も持っている。同性愛という関係を通して、性別役割分業や結婚制度を見ることによって、新しい可能性が見えてくると思う。

    多様な性を認める社会へ―同性愛

    1. はじめに
     現代の社会では、カップルといえば男女の組み合わせであり、それに基づいて恋愛や結婚などの規範や制度がつくられている。しかし、この規範は、女性や同性愛者やその他のマイノリティにとって、抑圧的な面が多く、より多様な性を認めていける制度や規範が必要とされている。多様な性を認めていこうとするとき、「同性愛」はセクシュアリティにかかわる偏見の有無や、理解の成熟度をみるバロメーター「踏み絵」の役割を持っている。      同性愛者は生殖に結びつかない性=変態行為というイメージや、生理的嫌悪感から差別されている。その差別によって、同性愛者は心理的にも制度的にも困難な状態に置かれている。しかし一方で、同性愛は、制度として保障されず隠されているために、他の人間関係に煩わされることなく二人の純粋な関係を築けるという面も持っている。同性愛という関係を通して、性別役割分業や結婚制度を見ることによって、新しい可能性が見えてくると思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    多様な性を認める社会へ―同性愛
    はじめに
     現代の社会では、カップルといえば男女の組み合わせであり、それに基づいて恋愛や結婚などの規範や制度がつくられている。しかし、この規範は、女性や同性愛者やその他のマイノリティにとって、抑圧的な面が多く、より多様な性を認めていける制度や規範が必要とされている。多様な性を認めていこうとするとき、「同性愛」はセクシュアリティにかかわる偏見の有無や、理解の成熟度をみるバロメーター「踏み絵」の役割を持っている。      同性愛者は生殖に結びつかない性=変態行為というイメージや、生理的嫌悪感から差別されている。その差別によって、同性愛者は心理的にも制度的にも困難な状態に置かれている。しかし一方で、同性愛は、制度として保障されず隠されているために、他の人間関係に煩わされることなく二人の純粋な関係を築けるという面も持っている。同性愛という関係を通して、性別役割分業や結婚制度を見ることによって、新しい可能性が見えてくると思う。
    2.「同性愛者」とは誰か?
     同性愛者は「同性に恋愛感情を抱く人」と言ってしまえれば簡単なのかもしれないが、「恋愛感情」というものがどう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。