「セクシャリティ入門」書評

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数331
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「セクシャリティ入門」
    ジェンダーとセクシュアル・オリエンテーション に関して           

    【トランスセクシャルの人の場合の性転換手術について】
    授業中に言ったことと同じなのですが(いつもまとまってない考えと言葉足らずでスミマセン)、性転換手術についての事について少し書きたいと思います。
    性転換手術――それは自己のジェンダーアイデンティティに基づいて、男性から女性、逆に女性から男性へと自分の性を変えるテクノロジーである。性自認と身体から判別される性別が一致せず、そのために苦痛を感じ、社会生活が困難になってしまうという一種の適応障害は、性同一性障害と呼ばれる。その中で心理的苦痛が特に強く、日常生活においても、別の性の役割を果そうとし、さらに変性願望や性転換願望を持ち、実際に実行しようとする人々が性転換手術のクライアントである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「セクシャリティ入門」
    ジェンダーとセクシュアル・オリエンテーション に関して           
    【トランスセクシャルの人の場合の性転換手術について】
    授業中に言ったことと同じなのですが(いつもまとまってない考えと言葉足らずでスミマセン)、性転換手術についての事について少し書きたいと思います。
    性転換手術――それは自己のジェンダーアイデンティティに基づいて、男性から女性、逆に女性から男性へと自分の性を変えるテクノロジーである。性自認と身体から判別される性別が一致せず、そのために苦痛を感じ、社会生活が困難になってしまうという一種の適応障害は、性同一性障害と呼ばれる。その中で心理的苦痛が特に強く、日常生活においても、別の性の役割を果そうとし、さらに変性願望や性転換願望を持ち、実際に実行しようとする人々が性転換手術のクライアントである。
    彼らは、生物学的には完全に正常であり、しかも自分の肉体がどちらの性に所属しているかをはっきりと認知している。しかしその反面で、人格的には自分が別の性に所属していると確信し、「本当の性」として社会的生活を営む為に手術を受ける。彼らは言う、「元々誤った身体だ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。