『広告批評のレトリック』 - headlineの分類

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数457
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『広告批評のレトリック』における印刷広告の4つの分類を用いて、それぞれの例を挙げ、その効果を探る。
    1. literal & figurative (意図的な比喩)
    “some news about fiber you’ll find easy to swallow”これはプルーンの広告である。ここでは、”easy to swallow”という英語表現の持つ2つの意味合いを利用したものである。偶然にも日本語表現においても同様の慣用表現があるためこの比喩は理解しやすいのだが、「飲み込みにくい(易い)」という言葉には、薬などを「飲み込みにくい(易い)」という文字通りの使われ方と、状況などを「理解しにくい(易い)」という意味の慣用的な使われ方がある。つまり、この見出しは「このプルーンの繊維に関する情報は理解しやすい」且つ「プルーンは美味しいので食べやすい」という2重の意味を持つのである。明確な表現によって簡潔にそしてユーモアをもって商品の情報を伝えている効果的な広告だと思う。
    2. denotation & connotation (明示的な意味と暗示的な意味)
    ”real men eat hot dogs, not tofu” これはホットドッグの広告である。豆腐のもつ暗示的意味、つまり「柔らかい」「めめしい」といったイメージは、本当の男の食べ物ではないとして、それに対比する形で商品のホットドッグを位置付けている。男性がマッチョや強さを求めるという志向にのっとり、対置された豆腐の「弱い」イメージによってホットドッグを引き立たせている。
    3. double-meaning (二重の意味)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポート 「『広告批評のレトリック』 - headlineの分類」          
    『広告批評のレトリック』における印刷広告の4つの分類を用いて、それぞれの例を挙げ、その効果を探る。
    1. literal & figurative (意図的な比喩)
    “some news about fiber you’ll find easy to swallow”これはプルーンの広告である。ここでは、”easy to swallow”という英語表現の持つ2つの意味合いを利用したものである。偶然にも日本語表現においても同様の慣用表現があるためこの比喩は理解しやすいのだが、「飲み込みにくい(易い)」という言葉には、薬などを「飲み込みにくい(易い)」という文字通りの使われ方と、状況などを「理解しにくい(易い)」という意味の慣用的な使われ方がある。つまり、この見出しは「このプルーンの繊維に関する情報は理解しやすい」且つ「プルーンは美味しいので食べやすい」という2重の意味を持つのである。明確な表現によって簡潔にそしてユーモアをもって商品の情報を伝えている効果的な広告だと思う。
    2. denotation ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。