看護基礎実習1段階事前学習 第1分野

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数3,133
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護基礎実習

    代表キーワード

    看護基礎実習

    資料紹介

    看護基礎実習においての事前学習。
    Ⅰ 呼吸する…環境整備
    Ⅱ 食べる…食事介助
    Ⅲ 排泄する…床上排泄
    Ⅳ 動く…体位変換・車椅子、ストレッチャー輸送
    Ⅴ 眠る…安楽な体位
    意義、注意点、観察ポイントと分けまとめたもの


     看護とは新鮮な空気、陽光、暖かさ、清潔さ、静かさなどを適切に整え、これらを活かして用いること、また食事内容を適切に選択し適切に与えること―こういったことのすべてを、患者の生命力の消耗を最小にするように整えること、を意味するべきである。(看護覚書)

    Ⅰ 呼吸する…環境整備
     看護の目的の第一は患者が呼吸する空気を外気と同じく清浄に保つこと。
    (看護覚書)
    意義  
    私たちが生活する上で空気は必要不可欠なものです。空気の質により、健康にも不健康にもなってきます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    看護基礎実習事前学習 第一分野(生命に直結する暮らし)
     看護とは新鮮な空気、陽光、暖かさ、清潔さ、静かさなどを適切に整え、これらを活かして用いること、また食事内容を適切に選択し適切に与えること―こういったことのすべてを、患者の生命力の消耗を最小にするように整えること、を意味するべきである。(看護覚書)
    Ⅰ 呼吸する…環境整備
    Ⅱ 食べる…食事介助
    Ⅲ 排泄する…床上排泄
    Ⅳ 動く…体位変換・車椅子、ストレッチャー輸送
    Ⅴ 眠る…安楽な体位
    Ⅰ 呼吸する…環境整備
     看護の目的の第一は患者が呼吸する空気を外気と同じく清浄に保つこと。
    (看護覚書)
    意義  
    私たちが生活する上で空気は必要不可欠なものです。空気の質により、健康にも不健康にもなってきます。そして患者にとって主な生活の場は病室です。患者が快適な日常生活を過ごすことができるよう、空気の質、病床の環境を適切に整えなければなりません。また、空気の質を考えることにより患者の生命力の消耗を最小にできるのではないでしょうか。
    注意点
      ナイチンゲールは、新鮮な空気の確保、陽光が入る、清潔が保たれている、暖かさが保たれている4項目が病人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。