各論 循環器病棟看護実習

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数3,081
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    各論 循環器病棟看護実習
    (心疾患治療のために、活動制限を強いられた患者の日常生活の関わりから看護を通し学んだこと)
    Ⅰはじめに
    Ⅱ課題レポート
    循環器疾患をもつ酸素療法を受ける患者の看護からの学び
    Ⅲ考察
    Ⅳおわりに

    Ⅰはじめに
     今回、心筋梗塞の80歳代男性と陳旧性心筋梗塞により心臓カテーテル検査を受ける60歳代の男性を受持った。
    80歳代の患者は胸痛を訴え入院し冠動脈置換術によりステントを挿入する事になる。循環器に障害があると、今まで自立していた人も治療や症状により活動や食事などに制限される。患者も安静が強いられ、心臓リハビリが始まり活動範囲に制限があった。
    また60歳代男性は9月に視床出血を起こし入退院後、通院する中で心筋梗塞の跡が見つかり検査入院する事となる。
    制限がある中、退院に向け患者の不安やストレスの増強を

    Ⅳ考察
     循環器疾患は目に見えない所で起き解りにくく、自覚症状がないと気付かないうちに進行していく。検査入院をした患者も今まで自覚症状、胸痛がなかったが心臓カテーテル検査の結果、冠動脈に狭窄があった。
    循環器疾患があると治療や症状により活動や食事の制限がされ、ストレスや不安が増強すると考えられる。そこで患者の退院までの不安やストレスに着目した。不安や検査の積み重ねはストレスになると考えた。不安や感情の表出が

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    各論 循環器病棟看護実習
    (心疾患治療のために、活動制限を強いられた患者の日常生活の関わりから看護を通し学んだこと)
    Ⅰはじめに
    Ⅱ課題レポート
    循環器疾患をもつ酸素療法を受ける患者の看護からの学び
    Ⅲ考察
    Ⅳおわりに
    Ⅰはじめに
     今回、心筋梗塞の80歳代男性と陳旧性心筋梗塞により心臓カテーテル検査を受ける60歳代の男性を受持った。
    80歳代の患者は胸痛を訴え入院し冠動脈置換術によりステントを挿入する事になる。循環器に障害があると、今まで自立していた人も治療や症状により活動や食事などに制限される。患者も安静が強いられ、心臓リハビリが始まり活動範囲に制限があった。
    また60歳代男性は9月に視床出血を起こし入退院後、通院する中で心筋梗塞の跡が見つかり検査入院する事となる。
    制限がある中、退院に向け患者の不安やストレスの増強を考えた関わりから学んだ事を以下に報告する。
    Ⅱ課題レポート
    (循環器疾患をもつ酸素療法を受ける患者の看護からの学び)
     今回、酸素療法を受ける90歳代の男性、介護度4以上の患者の検温と清拭に同行させていただいた。患者は肺炎で入院し、筋肉が挫滅しCPK、GOT、LDH、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。