現代宗教論

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数236
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    仏教について
    四諦、すなわち
    * 苦諦:苦という真理
    * 集諦:苦の原因という真理
    * 滅諦:苦の滅という真理
    * 道諦:苦の滅を実現する道という真理(→八正道)
    ①苦諦
    苦諦(くたい)とは人生の厳かな真相、現実を示します。
    「人生が苦である」ということは、仏陀の人生観の根本であると同時に、これこそ人間の生存自身のもつ必然的姿です。
    このような人間苦を示すために、仏教では四苦八苦を説きます。
    四苦とは、生・老・病・死の4つです。
    これに、
    * 愛する対象と別れねばならない「愛別離苦」(あいべつりく)
    * 憎む対象に出会わなければならない「怨憎会苦」(おんぞうえく)
    * 求めても得られない「求不得苦」(ぐふとっく)
    * 最後に人間生存自身の苦を示す「五陰盛苦」(ごおんじょうく)、または「五取薀苦」(ごしゅうんく)
    を加えて「八苦」と言います。
    非常に大きな苦しみ、苦闘するさまを表す慣用句「四苦八苦」はここから来ています。
    ②集諦
    集諦(じったい)とは、苦が、さまざまな悪因を集起させたことによって現れたものである。という真理、またはこの真理を悟ることを言います。
    集諦とは「苦の源」、現実に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。