教育原論1 佛教大学 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数379
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    年度:2009
    評点:A

    ハヴィガーストの発達課題について述べよ。
     発達課題とは、各発達段階(時期)において習得されるべき課題であり、それは単なる発達の特徴の記述ではなく、社会や文化から要請され、期待されている発達の目標である。発達課題の意義を最初に提唱したハヴィガーストは、発達課題を次のように述べている。「個人が学ばなければならないもろもろの課題、すなわち生涯の発達課題は、われわれの社会において健全な成長をもたらすものである。発達課題は、個人の生涯にめぐりいろいろの時期に生ずるもので、その課題をりっぱに成就すれば個人は幸福になり、その後の課題も成功するが、失敗すれば個人は不幸になり、社会で認められず、その後の課題の達成も困難になってくる。」 
    ハヴィガーストは、人生を乳幼児期から老年期までの6つの段階に分け、次のような事項を挙げている。
    ①乳幼児期における発達課題
    ・歩行の学習
    ・話すことの学習
    ・排泄習慣の自律
    ・生理的安定の獲得
    ・性の相違及び性の慎みの学習
    ・固形の食物をとることの学習
    ・社会や事物についての単純な概念形成
    ・両親兄弟姉妹の人間関係の学習
    ・善悪の区別、道徳、良心の学習
     特にハヴィガーストは母親の役割を重視している。「母は子どもにとって最も力となる人であるから、母の愛はもっとも重要である。大切なのは彼女が単に生物学上の母であることではない。幼児が、愛情深い信頼すべき母という人を持つことが重要なのである。それは姉である

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題
    ハヴィガーストの発達課題について述べよ。
     ⇒
     発達課題とは、各発達段階(時期)において習得されるべき課題であり、それは単なる発達の特徴の記述ではなく、社会や文化から要請され、期待されている発達の目標である。発達課題の意義を最初に提唱したハヴィガーストは、発達課題を次のように述べている。「個人が学ばなければならないもろもろの課題、すなわち生涯の発達課題は、われわれの社会において健全な成長をもたらすものである。発達課題は、個人の生涯にめぐりいろいろの時期に生ずるもので、その課題をりっぱに成就すれば個人は幸福になり、その後の課題も成功するが、失敗すれば個人は不幸になり、社会で認められず、その後の課題の達成も困難になってくる。」 
    ハヴィガーストは、人生を乳幼児期から老年期までの6つの段階に分け、次のような事項を挙げている。
    ①乳幼児期における発達課題
    ・歩行の学習
    ・話すことの学習
    ・排泄習慣の自律
    ・生理的安定の獲得
    ・性の相違及び性の慎みの学習
    ・固形の食物をとることの学習
    ・社会や事物についての単純な概念形成
    ・両親兄弟姉妹の人間関係の学習
    ・善悪の区別、道徳、良心の学習
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。