教育相談の研究 佛教大学 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数353
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    年度:2009
    評点:B
    所見:スクールカウンセラーの役割や取り組み等については良く述べられているが、教師の取り組みについてももっと多く言及して欲しい

    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。
     ⇒
    1.学校カウンセリングの意義
     カウンセリングとは、心理構造における、イド(快楽を求める心)・自我(自分の行動を決定する心)・超自我(理想の姿を求める心)のアンバランスを修正することであり、大きく分けると治療的カウンセリングと発達援助的カウンセリングの二つがある。治療的カウンセリングは、他の表現を借りれば、専門的カウンセリングということができ、クライエントに対して、カウンセラーは専門的な知識と技術を用いて、患者の症状や病気を治療するものである。これに対して、発達援助的カウンセリングは、他の表現を借りれば、開発的カウンセリングということができ、症状や病気を治す治療が目的ではなく、子どもの人格がバランスよく発達を遂げるよう援助することが目標である。それゆえ、学校カウンセリングと言えば、この発達援助的カウンセリングをさす場合が多い。また、学校カウンセリングは、単に学校で行われるカウンセリングということよりももっと深く、さらにはこれまでのカウンセリングの枠を超える新しい世界が広がっていると考えられる。
     平成7年度から文部省の学校カウンセラーの委託事業が始まった。学校現場では、不登校・いじめ・暴力事件など、さまざまな問題が深刻化しており、学校という教育を専門とする組織の中に、まったく別の立場であるカウンセリングを専門とする者(臨床心理士)が入ることには、大きな意味がある。教師とカウンセラー、それぞれの立場、専門性を十分に尊重し、子どもの成長にお互いが協力・連携して取り組んでいくことが重要である。
    2.学校カウンセリングの方法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題
    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。
     ⇒
    1.学校カウンセリングの意義
     カウンセリングとは、心理構造における、イド(快楽を求める心)・自我(自分の行動を決定する心)・超自我(理想の姿を求める心)のアンバランスを修正することであり、大きく分けると治療的カウンセリングと発達援助的カウンセリングの二つがある。治療的カウンセリングは、他の表現を借りれば、専門的カウンセリングということができ、クライエントに対して、カウンセラーは専門的な知識と技術を用いて、患者の症状や病気を治療するものである。これに対して、発達援助的カウンセリングは、他の表現を借りれば、開発的カウンセリングということができ、症状や病気を治す治療が目的ではなく、子どもの人格がバランスよく発達を遂げるよう援助することが目標である。それゆえ、学校カウンセリングと言えば、この発達援助的カウンセリングをさす場合が多い。また、学校カウンセリングは、単に学校で行われるカウンセリングということよりももっと深く、さらにはこれまでのカウンセリングの枠を超える新しい世界が広がっていると考えられる。
     平成7年..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。