一斉授業とグループ学習

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数653
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    一斉授業は、教師が大勢の児童に対して授業をするというもので、授業はおおむね教師の考えたシナリオに基づいて行われる。このような一斉授業では、生徒の教育水準がほぼ均等化され、学力の差が生じる可能性が少ないという性質がある。つまり、教師の問答的な問いかけに対しある児童が答える過程で、児童は友達の考えをよく聞こうとし、全員が理解を共有することができるのである。また、注意力をもって授業に取り組めば、落ちこぼれが発生しにくいという面もある。さらに、形式的には教師と子供全体が対峙しているが、実質的には教師と個々の生徒が対峙しているのであり、個として学びながら、集団として学びあうことを可能にするのが一斉授業であるといえるのである。つまり、一斉授業によって、学力低下や学級崩壊が防げる1という意義もあるということができる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    内容:一斉授業とグループ学習のそれぞれの意義と課題を述べる。
    (引用文献必須で引用文、引用元をはっきり明記)
    文字数:1550~1600
    一斉授業は、教師が大勢の児童に対して授業をするというもので、授業はおおむね教師の考えたシナリオに基づいて行われる。このような一斉授業では、生徒の教育水準がほぼ均等化され、学力の差が生じる可能性が少ないという性質がある。つまり、教師の問答的な問いかけに対しある児童が答える過程で、児童は友達の考えをよく聞こうとし、全員が理解を共有することができるのである。また、注意力をもって授業に取り組めば、落ちこぼれが発生しにくいという面もある。さらに、形式的には教師と子供全体が対峙しているが、実質的には教師と個々の生徒が対峙しているのであり、個として学びながら、集団として学びあうことを可能にするのが一斉授業であるといえるのである。つまり、一斉授業によって、学力低下や学級崩壊が防げる1という意義もあるということができる。
     もっとも、一斉授業の課題としては、一斉授業では学級全体の児童に質問をすることはできず、教師から一方的な情報発信になりがちであるため、全体に十分に注..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。